大勢の人

計画的に飲食店を開業し安定した収入を得る方法

ビジネスチャンスを海外に

男女

外貨規制に注意が必要

人口減へと向かっている日本のビジネスは、先細りと見る人も多く、グローバル化が進む世界では海外へビジネスチャンスを移す企業が増えています。インドネシアは、アジアでも人口がとても多い国で、労働力や市場の確保といった面で熱い視線を注がれています。しかし世界中の国がインドネシア進出を視野に入れている中で、自国民の雇用の確保や国防に関するビジネスなど、さまざまな業種において外貨規制というものが行われており、どのような分野でも会社設立できるというものではありません。外貨規制といっても、完全に禁止されている業種と、条件付きでの外貨による会社設立が認められている業種があるので、まずは確認しておくことが必要でしょう。条件は多岐にわたり、ネガティブリストと呼ばれる外貨規制リストの中に記載されています。インドネシアで利益を有するビジネスを行うのであれば、外貨設立での株式会社設立が一般的です。ただし、設立してもすぐに事業が開始できるわけではなく、登録申請から口座開設、登記、許可申請などを含めた一連の流れは、約半年ほどかかるという事は覚えておく必要があります。最も重要なのはネガティブリストに関する調査です。この結果により100%外貨参入となるのか、現地企業との合弁会社になるのか大きく異なってきますので、慎重に行うようにしましょう。昨今は海外に進出している企業も多くあります。いろいろな話を聞くことも出来ますが、リスクを少しでも減らすためには、インドネシアへの会社設立に詳しい専門家に一度相談することが望ましいと言えるでしょう。

Copyright © 2017 計画的に飲食店を開業し安定した収入を得る方法 All Rights Reserved.