男の人

計画的に飲食店を開業し安定した収入を得る方法

就労目的の滞在には

香港で3ヶ月以上の就労を考える場合には、ビザ取得が必要になります。最近ではビザを代行で取得してくれる業者も増えているため、利用していくと良いでしょう。まずは代行業者の信頼性もチェックしておきましょう。

海外進出企業の支援

インドネシアで会社を設立する際にはコンサルティングの専門的な支援を受けることが欠かせません。コンサルティングのサポートは法的な仕組みを活用した円滑な海外進出を可能にし、且つ現地起業との連携を通じて地域に貢献するビジネスとして進出出来るように導いてくれます。

外食産業の経営ノウハウ

グラス

成功するためには

居酒屋やレストラン、その他料理の提供をするお店を外食産業と言います。今後飲食店舗を開業し、外食産業へ参入する計画を立てている場合、注目したいことは多いです。現在、外食産業はとても競争が激しい業界で、個人事業主の店舗は収益の縮小傾向が伺え、残存することすら難しいと言われています。地方などでは駅前の好立地に大型でリーズナブルな店舗を出店すると、周辺エリアの客の流れを大きく変えてしまいます。好立地で開業すれば流行るでしょうが、家賃と人件費が高くなり、好立地ほど価格破壊が激しく、利益の高い商売が難しくなり、収益を押します。開業する時に集客に関する計算をしている人が多いですが、飲食店の場合、集客は経営が軌道に乗れば自然についてきます。こだわりのグルメを提供するお店を始めようとするオーナーも多く、独特のサービスを展開するお店を始めようとするオーナーもおられるでしょう。しかし、サービスやグルメなどの工夫はすぐに真似をされ、流行を作ってもいずれ飽きられ、結果、資本金が大きい企業が勝ち、後出しじゃんけんの勝者となるのが関の山です。飲食店を開業する時に最も必要となるのが、心理と工夫です。クーポンやサービス券はどこでもやっていますが、そのお店のオーナーにしかできない気遣いでサービス感を出せば他店との差が出ます。そのために必要なことは経営の中でのモニタリングです。流行っているお店でも意外にオーナーは、来店履歴や名前などを憶えていないことが多く、売り上げや来客数、客単価に目が向きがちです。利用履歴や注文履歴をデータベース化し、リーピート率を高め、次の来店時にサービスを付加するのです。大手スーパーなどはポイントカード履歴から客の購買傾向を読み取り、仕入れや商品構成などの参考にしますが、それを頭の中にインプットして個別のお客に個性のあるサービスを行います。場所が悪くても流行るお店となります。

ビジネスチャンスを海外に

ビジネスチャンスを海外に求める企業は年々増えており、人口が多いインドネシアは人気の高い国の一つです。しかしインドネシアでは外貨規制が行われており、会社設立には条件があります。ネガティブリストで確認しておきましょう。専門家への相談を含め、事業開始には半年ほどかかることは覚えておきましょう。

Copyright © 2017 計画的に飲食店を開業し安定した収入を得る方法 All Rights Reserved.